お庭きれい

植木屋さんの作業日誌

2019.10.05
自然木の伐採(絶根)作業 ~渋谷区マンション~

今回はこれも何かとご依頼の多い自然木の伐採作業のご紹介です。
気付かないうちに大きくなっている自然木、多くは鳥が種を運んで発芽します。

地面に近いところで幹を切ることを「伐採」と言い、根っこごと引っこ抜くことを「伐根」と言いますが、依頼(希望)は皆さんだいたい「できれば伐根」なのですが、小木であってもこういったコンクリートやアスファルトに囲まれた場所は伐根は見て頂ければわかると思いますが不可能なんですね。この場合、作業としては「伐採」となります。まずは作業をご覧いただきましょう。


↑ この木も縁石と敷地のこんな隙間から逞しく生えております。

上のほうの枝葉はばっさばっさ切っていけますが、下のほうはなんとフェンスに食い込んで伸びておりました。これもう少し放っておいたら台風が来た時に上の枝葉の重さでフェンスごとなぎ倒していた可能性もありますね。フェンスをなるべく傷つけないように慎重に切り込みを入れていきます。


↑ 綺麗にカットしたのがこちらです。1枚目の写真と比べてみると別の場所みたいですねw


↑こういったロケーションで地面すれすれでカットするのは実は結構手間がかかるんです

しかーし!!!地面すれすれでカットしただけでは春になると切り株から芽を出してまた伸びてきたりします。こういった自然木は兎に角強い、しぶといものが多いのです。そこでどうするか!

実は弊社では翌年以降も生えてきそうな木の場合は、予め下見・見積もりの段階で依頼主様にご相談して伐採した切り株部分を細かく砕き(やり方は現場により様々)生えてこようとする力を削ぐ作業「絶根」作業をご提案しております。
ここまで潰しておけばよほどの生命力で無い限り再度生えてくる力は残ってないはずです。
お庭きれい 雄和産業ではご予算や目的に応じた最良のご提案を行っておりますので是非お気軽にご相談ください。

《参考》2人工半日作業 処分費 込 4万円程度

 

2019.04.26
シェロの木の伐採 ~杉並区K荘様~

今回は見事に育ったシェロの木2本の伐採を行いました。よく皆様が「ヤシの木」というアレです。
《before》

まだいいかと思っているうちに気が付けば電線に接触して…もういい加減伐採しないと
ご近所さんの手前もマズイよねーというご相談が結構多いです。
山奥と違って根元から切り倒すわけにいきません。
しかも電線に架かるほど伸びていると、はしごもかけられない、感電の恐れもある
ということで手作業ではまさに命がけです。


そんな時は高所作業車の出番です。
よく高所作業車使うと費用が高くなると思われがちですが(確かにお安くはないですが)仮に手作業で伐採できたとしても、手作業では作業効率が悪く、結局高所作業車を使った際の倍の時間、人件費、危険作業代が掛かりますので同じことなんです。
当然ですが伐採作業は2名以上で必ず周囲の安全に配慮して行います。
上の葉っぱの部分から徐々に切っていき、幹も少しづつ輪切りにしていきます。
《after》

ハイこれですっきりしました。
《参考》半日強作業  高所作業車代+処分費込み 13万円程度

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ